初京都2日目

日時
2012年10月6日〜8日
ライダー
NC三郎

前日は夜遅くに到着したので、

宿がどんなところにあるのかよくわかりませんでしたが、


建物の隙間から浜辺が見えるほど海近!


早々にチェックアウトしたかったのですが、

宿の方がまだ活動を始めていなかったようなので

とりあえず付近を散策しました。


ヒトデがいました!!

星の形です!!


すこし肌寒いくらいの朝でしたので、泳いでいる人はいません。

釣り客は朝早くからたくさん!

何がつれるのでしょう??


7時くらいにチェックアウト。

この日はとりあえず天橋立を目指すことにしました。

まだ朝早くて余裕があるので、国道を少し西に進んでから、

県道107号に入ってちょっと山に登ってみました。


エンゼルラインというそうです。

今は無人のようですが、こんな建屋があるところを見ると、

昔は有料道路だったのかな?

久須夜ヶ岳という山のてっぺんまでグニャグニャ道が続いています。


前日降った雨が蒸発してすこし霞んでました。

道自体は走りやすいと思います。


どんどん標高が上がって、

道の両脇に湾がみえたりしますが、

こちらは小浜湾??


頂上付近の駐車場に到着!

遠くをサルが堂々と闊歩していたのでちょっと焦りました。

鹿のフンなどもたくさん落ちていたので、

夜はかなりアニマルワールドかもしれません。


頂上から引き返す途中、

休憩所みたいなところに大神岩というのがありました。

大きな岩です!


国道162号に戻って西へ。

この後小浜駅前を通って、国道27号に入りました。


国道27号にはいってからもどんどん西へ。

途中に岡津製塩遺跡というのがありました。

マリーナの近くにあり、入口がちょっとわかりずらかったです。


炉の跡のようですね。

昔は塩が貴重だったみたいです。

キャンプしている人がいました。


国道をどんどん西に進んで、「ぽーたる」でひとやすみ。

ちなみに「ぽーたる」は「おおい町」にあります。

町名がひらがななのでちょっと気が付きにくかったですが、

再稼働で何かと話題の大飯原発のある町です。


ここには「義経号」という蒸気機関車が展示されていました!

ちょっと見にくいですが、汽車の後ろの方に義経と書いてあります。


この汽車の名前をしばし憶えておいていただけますでしょうか。


せっかくなので、国道を少し引き返し、

発電所がどんな感じになっているのか見に行ってみました。

県道241号で大島半島へ。島なのか?半島なのか?


発電所のPR館は臨時休館中だそうで。

付近は警察なども警備にあたっていて、かなり物々しい雰囲気。

とてもカメラ向けられるような雰囲気ではなかったので、

スゴスゴと引き返しました。


手ぶらで半島から出るのも癪ですので、

重要文化財?らしきお寺に行ってみることにしましたが、


お堂は閉鎖されていて、

中の仏像を拝むことはできませんでした。

こちらもちょっと残念。


お寺の他に天満宮もあります。

天満宮の裏は小学校になっていますので、ここの生徒には

天神様の御利益がたくさんあるかも!


大島半島を出て、国道に戻りさらに西へ。

高浜市に入るとすぐに道の駅シーサイド高浜があります。

こちらは開店が10時なのでまだ準備中でした。


道の駅の裏に回り込むと、大島半島から海を渡って電線が。

この線を通って発電所から電気が送られているのでしょうか。


あれ?ちょっと雲行きが…。


若狭湾沿いを走っていると、前から雨雲が接近してきました。

一旦雲の下に突入してしまってずぶぬれになりかけましたが、

あわててUターンして雨雲下から脱出し、カッパを着こんで再突入!


雨にぬれついでということで、国道からそれて県道21号に入り、


五色山というところに行ってみました。


細い道に入ると…


行き止まり!

広い公園がありましたが、雨なので誰もいませんでした。


五色山から引き返し、

塩汲峠というところで県道772号に入りました。

ようやく京都入りです!ツーリングでは初京都!!


県道772号から国道27号に出て、舞鶴市内を西へ。

レンガ倉庫みたいなのと、軍艦みたいなのがある港を抜け、

山を越えて国道175号に入るとすぐに

道の駅舞鶴港とれとれセンター着です。


ここは道の駅の建物以外にも海産物を扱うおおきな建物があります。

かに道楽みたいな巨大カニがついてました。

天気はよくないですが、かなりのヒトデ!


鯖を焼き続けて50年の職人さん?が焼いた

焼きサバ(800円の方)をお昼ごはんとして購入!

形が崩れないようにシートに鯖を積みました。


道の駅を出て由良川を渡り、川沿いの国道178号を河口方面へ。

途中に山椒大夫屋敷跡がありました。


道路から林の中に分け入ってみると

三庄太夫屋敷跡と書かれた石碑がありました。

この人が森鴎外の山椒大夫のモデルになったのでしょうかね。


古墳みたいな穴もありました!

歴史ロマンを感じます!!


もみじ公園。


ここには安寿と厨子王の像がありました。


道中は大雨注意報!!

かなり強烈な雨が降ったりやんだり。


由良川河口から海岸沿いの道に入り、安寿ロマン海道となります。

ここらへんから雨が非常に強くなってきたので

カメラをリュックにしまいました。

バイクのうしろに積んであるのは舞鶴で買った焼きサバです。


しばらくカメラはリュックの中に封印していたため

道中の写真を撮っていませんでした。

気がついたら雨もやみ、天橋立のリフトにのってました!

上の方にある天橋立ビューランドに向かいます。


天橋立ビューランドからのぞむ天橋立です。

途中、雨の橋立になっちゃうかなと思いましたが、

ここまで来ると天気は回復!青空も見えてきました。


頭を下げて、股の間から天橋立を見ると

頭に血が昇って目が回り、風景がより幻想的に見えるそうです。

この所作を股のぞきというそうです。


一人で股のぞきはちょっと恥ずかしいので、

カメラをさかさまにして撮影してみました。

股のぞきすると多分こんな感じで見えるのだろうと思います。


あと、ビューランドから見る天橋立の眺めは龍っぽいので

「飛龍観」とも呼ばれているそうで、

園内には龍をイメージしたと思われる回廊などもあり、

なかなか楽しかったです。


その他にも観覧車をはじめとする乗り物がいくつかあって、

ちょっとした遊園地になっています。


その中に小さな汽車がありましたが、


こちらの汽車の名前は弁慶と言うようです。

朝に立ち寄ったおおい町のぽーたるという施設に

義経号という汽車がありましたが、何か因縁めいたものを感じます!

果てしなくどうでもいいですが!!


この日の宿は福知山のカプセルホテルを予定していました。

天橋立を見たら宿に向かう予定でしたが、

まだけっこう時間があったので、

国道178号に入って丹後半島方面へ足をのばしました。


道の駅舟屋の里伊根で休憩。


ここは1993年のNHK朝の連続テレビ小説の

ええにょぼの舞台になったところだそうで。

もう20年も前になるんですねー。

懐かしい感じです。


建物裏手の展望スペースには最初人がいなかったので、

舞鶴で買った大きな焼きサバをムシャムシャ食べていたら、

次第に人が増えてきて…。

周囲から少し白い目で見られたようで…。ツラかった…。


けどうまかった!


ここら辺は舟屋群と言うのが有名なようです。

家の中に船の駐車場みたいなのがあるわけです。

道の駅から少し海の方におりるとよく見えます。


伊根町を国道沿いにもう少し進むと

浦島神社と言うのがありました。


本殿だと思います。

浦島太郎にゆかりがあるのか、手前の広場には

浦島太郎や乙姫っぽい像があったりしました。


こんな看板もありました。


明日のジョー関連かと思いましたが、

そんなはずないですね。


力自慢の人が持ち上げた石のことのようでした。

ちょっと持ち上げてみようとしましたが、ビクともしません!

これを漬物石にしたら超漬かると思います!


神社の前には浦島館なる建物があります。

お土産物屋とかはもうやっていないようですが、

お蕎麦屋さんはやっているようでした。


浦島神社を離れて国道178号を進みます。

途中、断崖絶壁みたいな感じのところを通ったりします。


展望台がありましたので入ってみました。


京都とは言え、やはり日本海!

断崖に荒波が似合います!


なんとなく親不知みたいな感じでした。

風も強かった!!


丹後半島北端、経ヶ岬の駐車場に到着。

観光客が多かったです。


駐車場の一番すみから山の縁を見遣ると、

経ヶ岬灯台がなんとか見えます。


拡大するとこんな感じ。上の方だけ少し見えます。


山道を400mくらい歩くと灯台のところまで行けるようですが、

雨の影響か道がかなりぬかるんでいたので、やめておきました。


経ヶ岬から一気に坂を下り、浜辺の近くに出てくると

日本の棚田百選の「袖志の棚田」がありました。

田んぼがほとんど写って無くて、すみませんです。


もう少し進むと、琴引浜鳴き砂文化館がありました。

近くに琴引浜という鳴き砂の浜があるそうで、

説明員の方がとても親切に鳴き砂の説明をしてくれます。

入館料300円。


外には鳴き砂の父の石碑。

鳴き砂にも父がいるわけですね!

ビバ!三輪茂雄先生!!


展示品はどれも趣向を凝らした感じでおもしろかったです。

こちらは鳴き砂でドレミソラシドを奏でる展示。

他にも、外国からの漂着物とかの展示がありました。


文化館の方からは今の時期の砂浜は汚れで鳴かないと聞きましたが、

せっかくなので、琴引浜にも来てみました。

音はしませんが、なんとなく歩くとへんな振動が伝わってきます。


ちなみに琴引浜は

日本の白砂青松100選・日本の渚百選・日本の音風景100選など

盛りだくさん!

冬の荒波に洗われた直後、春先の浜辺の砂はよく鳴くそうです。


暗くなってきたので、宿のある福知山を目指すことにしました。

久美浜手前で県道668号に入り、南下。


国道312号に移って、今度は内陸部を東へ。

天橋立方面に引き返します。


日もとっぷりと暮れました。

お腹もすいてきましたので、せっかく京都に来たと行くことで、

本場京都の餃子の王将(京丹後大宮店)で夕飯。


もちろん餃子を食べました。

あとラーメンも食べました。

うまいっ!


最後は国道176号に入って与謝トンネルをくぐって福知山へ。

この後、山道で妙な車に煽られ、写真どころではなくて怖かった!

また今度明るい時間に余裕をもって走ってみたいですねー。


投稿日
2012/10/12
閲覧者数
1649
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
巨尺
2012/10/12
エンゼルラインは道が悪かったでしょ?
無料になってから放置状態です。
しかしタフですね。
そのまま天橋立まわりとは…恐れ入りました。
2012/10/12
コメントありがとうございます!

以前の巨尺さんレポートを参考にしながらふらついてみました。

伊根のあたりはもう少しじっくり回りたかったなぁ。と悔んでおります。

エンゼルラインは個人的には綺麗な印象を持ちましたが、

前日けっこう雨だったようなので、ゴミとか洗い流されたんですかね??

前のツーリングレポート
初京都1日目
次のツーリングレポート
初京都3日目

[戻る]