納豆買いに奥久慈へ

日時
2013年3月23日
ライダー
NC三郎

金曜に職場の飲み会があり、先輩と少しツーリングの話に。

翌日の土曜に行く場所について相談したところ、

「茨城で舟納豆買ってきて」との指令を受けました。

というわけで茨城へ。首都高使ってまずは常磐道を目指します。


この日もよく晴れていました。

調べたところ、舟納豆は奥久慈辺りで売られているそうですが、

真っすぐ向かうのもなんなので、

寄り道しながら海側からぐるりと回って向かうことにしました。


常磐道に入ってしばらく北上。

谷田部東PAで休憩です。


PAの道路寄りに桜が植えられていました。

横浜や川崎あたりは満開に近かったですが、

ここまでくるとまだちらほらとしか咲いていませんでした。

空気も少しひんやりしてました。


北関東道を経由して東水戸道路に入り、那珂川を渡ります。

那珂川からもう少し進んでひたち海浜公園で高速を降りました。


日立海浜公園沿いの県道から国道245号に入って北へ。

阿漕ヶ浦公園というところがありましたので寄り道です。

電飾の準備をしていて、桜まつりか何かが始まるようです。


この時はまだほとんどつぼみでしたが、

咲き始めると早いですから、早め早めに準備ですね。


阿漕ヶ浦公園を出て国道245号をずっと北上。

東海村近辺は原発のPR施設がたくさんあります。

以前行ってとても楽しかったですが、今回はスルーです。


日立駅手前で国道6号のバイパスに出ました。

海に突き出たバイパスなので、とても爽快です!


バイパスが終わって国道6号に合流。

国道からすこし離れたところに鵜の岬というのがあるそうなので

こちらにも寄り道してみました。

国道から右に折れるとすぐに海が見えます。


鵜の岬。

国民宿舎があるそうです。

建物の写真はありませんが、なかなかバブリー?な感じでした。


岬のすぐ北は伊師浜海岸というそうで、

真っ白な砂浜が広がっています。


鵜の岬だけにウミウの捕獲場があるそうで、

ちょっと見に行ってみました。

各地の鵜飼で使われる鵜はここで捕まえて出荷するそうです。

鵜飼の鵜はカワウだと思ってましたが、ウミウなんだそうです。


なんだかよくわかりませんが、

岩山に開けられた長くて細いトンネルを進むと


突き当たりに藁みたいなので覆われた狭い場所がありました。

藁の向こうは海で断崖になっているのですが、

崖の縁に降りて羽休めしているウミウを

この中に引きずり込んで捕獲するんだそうです。


一か所開いていた天窓みたいなのから頭を出すと、

見渡す限り海が続いておりました。


鵜の岬を後にして、伊師浜にやってきました。

白いきれいな砂浜です。海水浴シーズンは賑わいそう。


お昼御飯にしようと思いましたが、

ちょっと適当なところがなかったので国道に戻り先に進みます。


以前も国道6号沿いにここら辺を通ったことがあるのですが、

その際に寄らなくて心残りだった六角堂に行ってみました。

茨城福島の県境付近。県道354号で海の方へ。


六角堂は、岡倉天心が作った建物で、

現在は茨城大学五浦美術文化研究所が管理しているそうです。

300円で入場できます。


岡倉天心(1863−1963)

平安時代の人みたいな恰好をしていますが、

そんなに昔の人ではないようです。


こちらが六角堂です。

岡倉天心はここでいろいろ考え事してたそうです。

津波で流されたそうですが、復元されています。

名前の通りに六角形ですね!


窓ガラスなんかもあるおしゃれな小部屋です。

海をぼーっと見ながら一日過ごしてみたいですねー


国道に戻って福島県に入り、今度は陸地側の町道へ。

「勿来の関」の看板が出ていたので、行ってみました。


立派な建物と駐車場がありました。

ここが関所の跡かなと思って入ってみましたが、

吹風殿という寝殿造りの立派な建物で、関所ではないようです。


六角堂とは対照的な豪華さです。

こちらも住んでみたいですが庭の手入れが大変そうですねー


吹風殿から少し先。こちらが勿来の関跡のようです。


が、家に帰ってから調べてみたら

ここに関所があったという確証はないんだそうです。


山を下って再度国道6号へ。


しばらく海沿いを北上し、


今度は国道289号に入りました。

阿武隈高地に突撃です。


山道に入ってすぐ、

国道わきに四時ダムというのがあるとのことだったので、

トンネルのむこうに行ってみました。


トンネル抜けてすぐの看板。

ダムから海が見えるそうです!


「銘水 四時ダム」がありました。

飲んでみようと蛇口をひねると…


ブファーと流されます。

なんでこんなふうになるかと言いますと、風が強いんです。

尋常でなく強いんです。


水は流れてませんが、

空気がものすごい勢いで流れています。

ビュービュー。吹き飛ばされそうで怖かったです。


放水路見たいなのをこえると管理棟がありました。

ダムの管理棟と言えばやっぱり…


久しぶりのダムカード!

ダムカードも油断すると風で吹き飛ばされそうなので

急いでしまいました。


管理棟からさらに奥に進むとダム本体が姿をあらわします。

ロックフィルダムです。


海が見える場所を探してダムの奥まで歩き続けると、

確かに水平線が見えました!

海の見えるダムは珍しいのかもしれませんね。


海の見える四時ダムではありますが、

管理棟の時計によれば時刻は二時過ぎを指していました。

ちなみに四時はヨジではなくてシトキと読むようです。


四時ダムをあとにして、国道289号を山奥へ。

標高が上がってどんどん冷えてきます。


暖かい時間帯のはずですが、道端の温度表示は5℃とかでした。

かなり薄着できてしまったので、寒いー ><

ここら辺の桜はまだつぼみ堅そうでした。


国道349号との重複区間に入りました。

それにしても山道は寒いー。


道路的には交通量が少なく、幅も広いところが多いので

暖かくなってからのツーリングにはベストな道だと思います!


人里に近づくにつれて気温も回復。

暖かくなってきました。


矢祭町で国道118号に出て、

ここから納豆のお店を目指して南下です。


茨城県に入ってすぐ、道の駅奥久慈だいごがありました。


ちょっと箸で混ぜちゃいましたが、

しゃもカレーうどんを食べてあたたまりました。しゃもうまい!

ここには温泉もありましたが、

お風呂セットを持ってこなかった…。


道の駅を出て久慈川沿いに国道118号をひたすら南下。


この日の最終目的地。舟納豆のお店に到着です。

店を見つけられるか少し不安でしたが、

看板がでかいのですぐわかりました。


老舗感漂う店構え。

中では納豆の試食をやっておりました。

茨城の納豆と言うと水戸のイメージが強いですが、

かなり北のほうでも作っているんですねー。


船の形をした納豆がたくさん並んでいます。

先輩用一つと友達用二つ、あと自分用に一つ買いましたが、

一人で一食で食べ切るにはちょっと多いかな。

ボリューム満点です!


船納豆を4箱(艘?)買ってリュックに詰め込みまして、

那珂ICから常磐道に入って南下。

この日は流山あたりが大渋滞でした!


首都高に入りましたが、こちらも湾岸線が渋滞!


えっちらおっちら走りまして、空港中央ICで高速を脱出。

納豆を早く食べたいなと思いながら急いで帰りました。

http://chizuz.com/map/map143963.html


投稿日
2013/03/28
閲覧者数
1571
このツーレポは12人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
2013/03/29
ツーリングびたりですなw
羨ましいような、・・・
2013/03/29
納豆買いにはるばるご苦労様です。
でもよいツーリングになった様ですね。

私なら目的地に直行直帰になってしまいそうな気がしますが
さすがツーリング王は違いますね。

納豆を買いに行くだけでも楽しいツーリングに出来てしまうなんて、やっぱり凄いです。
/data/prof_picture/0/prof.jpg
巨尺
2013/03/29
トンネルにダム、旨い物、ツーリングの醍醐味(?)ですね。
納豆のお味はどうだったのでしょうか?




2013/03/29
2013/03/29 00:43様コメントどうもです!

人生もうちょっと真面目に考えんといかんですね!

そのうち飽きるかなとも思っているんですが、もう少しかかりそうです。
2013/03/29
yoshi様コメントどうもです!

納豆買うだけにしてはちょっと遠出でしたが、

納豆わたしたら先輩も友達もよろこんでくれたのでよかったです。

この間行けなかったルートも奥久慈方面でしたね。またご一緒させてください。

すごい称号ありがとうございます(笑)が、単なる暇人です…。
2013/03/29
巨尺様コメントどうもです!

納豆はほのかに木の香りがしてとてもうまかったです。

量も多いので食べ応えがありました。

そうそう、この前教えていただいた花山温泉ですが、明日行ってみようと思います。

またよろしくお願いいたします!

前のツーリングレポート
おどろき桃の木温泉
次のツーリングレポート
紀伊半島北部横断・花山温泉1日目

[戻る]