北の大地に行ってキタノダ5日目

日時
2014年5月3日〜10日
ライダー
NC三郎

北海道ツーリングも残りわずか。

この日は朝から宿の温泉です。湖を眺めながらぼんやりと。

なんと贅沢なことでしょう!


ひとっぷろ浴びて、頭もすっきりした後、

まずは国道391号を釧路市街方面へ南下。


右手に見えるのはシラルトロ湖。


シラルトロ湖の向こうは釧路湿原のようです。

シラルトロ湖も湿原の一部なのかな??


釧路市街に出る手前、セイコーマートのある交差点を右折。

釧路湿原道路に入りました。

湿原のど真ん中を通る道路です。

ただ、残念なことに道路わきにゴミ多しTT


釧路湿原を通って、


今度は国道240号に入りました。

国道は暫く西に進みますが、徐々に向きを北に変え、阿寒湖方面へ。


道の駅阿寒丹頂の里。

平日の朝と言うことで、ほとんど人がいません!


道の駅の奥には、ツルセンターなるものがあります。

冬は野生のタンチョウが飛来して観察できるそうですが、

この時期は野生のタンチョウはもういません。

でも、3羽ほど飼育しているそうで、見に行くことにしました。


お!こいつか!

と思いましたが、こちらはタンチョウではなくて、

マナヅルだそうです。


2007年に誕生しながらいまだに愛称募集中とは…。

だれか、愛称付けてあげてくださいっ!


もう少し奥に進むと、タンチョウの住処があります。

頭が赤くて体が白いのが特徴です。花札でおなじみ。

こちらは夫婦のようです。


柵の前で観察していると、つるが動き始めました。


首を大きく前後に降りながら、のっしのっしと。


池を迂回して、のっしのっしと。


柵の目の前までやってきて、


毛づくろいをはじめました。

かなり人に慣れた感じです。


センターの建屋内になんとなく怖い写真がありました。^^;

雛を人工飼育する際は、こんな格好で餌やりするそうです。

なにか前衛的な創作ダンス見たい^^;

こんな感じで育ててるから、人に慣れてるのかな??


ツルセンターを後にしまして、阿寒湖方面へ。

国道240号はシカ注意です!


シカ、注意ですよ!

ほんとたくさんいますので。


シカに注意して走っていたら、

いつのまにやら阿寒国立公園に到着。


さらにしばらく進むと阿寒湖の湖岸に到着しました。

湖に沿って温泉街があり、けっこう賑わってます。


たばこの吸いがらなげたらあかん!

なぜここで関西弁!?と思いましたが、

阿寒湖とかかっているんですね。いろいろ応用が利きそうです。


ここらへんはアイヌの集落あったのか、

それらしい木彫りの民芸品店も充実しています。

気にいったからって、お金払わずに持ち帰ったらあかん!


湖沿いの道路から少し内側に入ったところにあるアイヌコタン。

コタンと言うのは集落と言う意味みたいです。

大きなフクロウが目印です。


坂に沿って広場があり、周囲にはアイヌっぽいお店がたくさん。

テーマパークみたいです。


阿寒湖を出まして、今度は国道241号に入り、足寄方面へ。


雌阿寒岳の裾にある足寄峠を越えるとすぐに足寄町です。

でも、市街地までは46km。

こういったところで北海道の広さを感じます!


ところで、峠にあった町名の看板ですが、なんだろうこれ??

足の妖怪か何かかな??

それにしても表情が険しい^^;


国道241号沿い、市街に向かう途中、牛がいました。

今回のツーリングでは野生のシカはたくさんみましたが

牛をちゃんを見たのはここだけかな?

北海道なら牛はたくさん見るだろうと思ってましたが、意外でした。


足寄市街に到着。

道の駅あしょろ銀河ホール21です。


松山千春コーナー!

奥の方に、松山千春がおおきな葉っぱ持って立ってます。

松山千春は足寄出身のようです。


建物前には松山千春の記念碑みたいなのもありました。

手形と足形も。足形は珍しいですが、地名にちなんででしょうかね。

道の駅のうらに足形をとってくれる小屋がありました。


だいぶおなかが減ってきたので、道の駅にあった豚丼屋さんへ。

後で知ったのですが、「熊の子」という有名店の支店だそうです。


豚丼セットをいただきました。

吉野家やすき家の豚丼に比べ、やや甘めの味付けです。

値段はそれなりにしますが、さすがにうまいです!


この後お手洗いへ。

入口にあった貼り紙で先ほどの怪しい妖怪?の素性が割れました。

妖怪と思っていたのは足寄のマスコット、あゆみちゃんだそうです。

失礼いたしましたmm


この日の宿は襟裳岬。南端ではないのですが、南端な感じの所です。

ちょっと遠いので、道の駅を出てすぐ高速道路へ。

一般道も高速みたいな感じで流れますが、せっかくなので。


音更帯広ICで降りまして、

豚丼屋の店員さんに聞いた、柳月と言うお菓子屋さんを目指します。


IC降りてすぐ。柳月スイートピアガーデンに到着です。

帯広は有名なお菓子のお店が多いそうです。

北海道はお菓子作りに欠かせない小麦や牛乳が名産だからかな?


店内では「は〜るなんしぇー たーべなんしぇー♪」

というお菓子のCMソングがエンドレスで流れ続けてました。

まだ頭に残ってます^^;


はーるーかーぜーとおりゃんせ♪

と、CMソングを頭に流しつつ、ここから襟裳岬を目指します。


国道236号に入ってしばらく南下すると、

愛国駅という看板がありましたので、寄ってみました。

鉄道路線もすでに廃線となってしまったようで、

今は交通記念館になっています。


ホームにはSLが停車してました。

ちなみに「愛国」という駅名は、

ここらへんに愛国青年団という開拓団が住んでいたからだそうで。

愛の国とはイメージが違ってびっくりです。


幸福駅行きの切符を求めてたくさんの人が訪れたのも今は昔。

たぶん今は切符は売ってないと思います。

かわりに石碑が立っています。


旧駅舎の壁にはメッセージカードがびっしり!

ビューティフルマインドのワンシーンのようです。


交通記念館と言うことで、

昔使われていたような道具とかもいろいろ展示してありました。

どれも年季が入っていてかっこいい!


愛国駅から再び国道に出て南下。


少し走ると幸福駅に到着です。

土産屋さんも何軒かあって、愛国に比べて観光地っぽい感じです。


木造の駅舎です。

いかにも北海道な感じ!


こちらも中はメッセージカードびっしり!

切符の形のカードでした。


だいぶ日が傾いてきました。

ここからは頭の中に森進一の襟裳岬を流しながら

黙々と襟裳岬を目指します。


道の駅忠類。

ゾウがマスコットのようで、

ゾウのぬいぐるみとかが山積みになってました!


道の駅に貼ってあったポスター。

一瞬、ハマの番長かと思いましたが、別人のようです。

このときは頭の中が森進一の「襟裳岬」状態でしたが、

こちらの曲もちょっと聞いてみたいなー。


どんどん南下。ずっと直線で走りやすい!

頭の中で襟裳岬を流しているはずが、

いつのまにか「はるなんしぇ♪」にかわってたりしつつ、


道の駅コスモール大樹で休憩。

ふつうの大きいスーパーみたいなところでした。

コスモールって変換すると小スモールになりまして、ちいさい!

でも大きいスーパーでした。


やっと海沿いに出まして、まだまだ南下。

ここからは覆道やトンネルが連続します。


オリコマナイ!

そんなこと言わずに、折り込んでください!


モイケシ第一!

え?


ビタタヌンケ!

ん??


ナゾなトンネル名を確認しつつ、えりも町に到着!

ここら辺、対向も後ろからもぜんぜん車が通りません。

びっくりするほど車が通りません。


えりも市街までは32km!

足寄と一緒で、北海道の広さを感じます!


昆布作業中なので、安全運転で!


フンコツトンネル!

ここはきっと粉骨砕身で開通したとんねるなのでしょう。


ちなみに国道はここらへん、黄金道路というそうです。

トンネル名もこれくらいわかりやすいといいんですが。

ゴールデン!


国道は襟裳岬を切り取るようにショートカットしますが、

この日の宿は岬のすぐ近く。というわけで、県道で岬方面へ。


こちらの県道がなかなかナゾ県道で、

歩行者自転車の同じ青看板が大量に!

この写真だけでも11個写ってます。

どんだけ自転車通行許可したいんでしょう^^;


えり〜ものーはるはー〜なにもーないーはるです〜〜。

確かにここらへんはなにも無いです!


でも、ずっと何もないということはないですね。

展望台がありました。

施錠の時間は過ぎてましたが、なぜか扉があきましたので

ちょっとおじゃまします!


展望台から見てみると…

やっぱり、何もないのかな?^^;


展望台から県道をさらに南下。


岬のほんの少し手前に小さな集落があり、

そこにある仙庭さんという宿にお世話になりました。

昔はユースホステルだったようで、なかなか楽しい感じの宿でした!


投稿日
2014/06/22
閲覧者数
983
このツーレポは15人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
yahoo
2014/06/22
関西人はマナーが悪いので「関西弁」なのでしょう。
どこに行ってもうるさいし、スキー場では並ばないし、ゲレンデの真ん中で寝てるし・・・。韓国人と似てますからね〜関西人。
楽しいレポートありがとうございます。
2014/06/23
阿寒湖で「まりもの唄」聞きませんでしたか?
昔行った時、ずーと聞かされて頭に焼き付き、今でも全部覚えてます。(まりもに洗脳されました。)北海道の地名とかほんとに分かりにくいですよね。やっぱりアイヌ語との関係なんでしょうね。
2014/06/25
yahooさん、コメントどうもです!

スキーで嫌な思いをされたようですね^^;

自分もゲレンデの真ん中で泊まってしまうことがあるので、反省せねば・・。です!

自分の友達の関西人は見どころのあるいいやつばっかりっすよ^^
2014/06/25
yoshiさん、コメントどうもです!

まりもの唄ですか。聞いてませんねー。

タイトルにとても魅かれるところがありますので、

ちょっと調べてみたいと思います!

前のツーリングレポート
北の大地に行ってキタノダ4日目
次のツーリングレポート
北の大地に行ってキタノダ6・7日目

[戻る]