能登・関西ツーリング5

日時
2008/9/19〜2008/9/24
ライダー
okaidoku1930

道の駅【ころ柿の里 しか】です。
昨日は、ずっと雨でほとんど寝られなかったので、午前3時には、撤収作業に入り、4時には始動しました。


施設は、温浴施設「アクアパークシ・オン「レストラン・シオン」・農産物直売所があるそうです。


温泉は、臨時休業中のようでした。あてにしていた時の失望かんといったら・・。ここをあてにしてなくてよかったです。


24時間やっている無料の休憩所です。暖房が掛っていたことに感謝!!


足湯も普段は入れるようです。残念ながら湯はぬかれており入ることはできませんでした。


巌門(がんもん)鷹の巣岩です。専用の展望台がありました。


まずは、展望を確認!緑に覆われた半島が良い感じでした。


写真の中央付近に見えているのがお目当ての巌門鷹の巣岩です。海に突き出るようにしてそびえ、高さが27mで、その岩には鷹のみが営巣すると言われていることから「鷹の巣岩」と呼ばれているそうでう。


巌門園地です。巌門の看板が出ており看板通りに進むとこちらに誘導されます。


先ほどの写真の拡大です。巌門園地案内図です。


園地内は遊歩道が整備されておりとても歩きやすかったです。


千畳敷岩です。荒波が長い年月かけて独特の形態に彫りこんだ岩肌がおりなす、ドラマチックな場所と紹介されております。


ドラマチックとまではいきまではいきませんが、独特な敷岩が点在してました。


お目当ての巌門です。老松が茂る海食崖を日本海の荒波が削り取り、長い年月をかけてつくりだした貫通洞門「巌門」は、幅6メートル・高さ15メートル・奥行60メートルあり、小船であれば通ることができるとのことです。


巌門の横には洞窟があるので、入って行けます。どこまで行くのかと思って入っていきましたが、元の場所に戻ってきました。


日本一古い木造灯台. 旧福浦灯台です。日本一!っと聞いたら行かなくては!


1608年に日野資信が持ち舟の安全をはかるため断崖上でかがり火を焚いたのが始まりだそうです。
灯台は石垣を含めると約5mの高さがあり、内部は3層になるそうです。


灯台から南側を撮影しました。


灯台から下側を撮影しました。いい風景が楽しめる場所だと思います。


機具岩(はたご岩)です。


先ほどの看板の拡大です。難しいことが書いてありますが、賊徒におそわれた際、機具を投げいれ機具岩となったと書かれてます。



能登金剛にはこんな風情ある岩があちこちに出現します。 岩の穴は小舟も通ることがあるそうです。


投稿日
2008/10/01
閲覧者数
627
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット

前のツーリングレポート
能登・関西ツーリング4
次のツーリングレポート
能登・関西ツーリング6

[戻る]