能登・関西ツーリング8

日時
2008/9/19〜2008/9/24
ライダー
okaidoku1930

「道の駅・千枚田ポケットパーク」は国道249号沿いに位置してます。


駐車場が大混雑しており、路上駐車がたくさんいました。
何かイベント?と重いながら道の駅の散策開始です。


混雑の予想は、千枚田の風景?と思いましたがそうではないようです。雑誌で見た、ここの稲が黄金色した夕日がとてもだったので天気が悪く残念でしょうがなかったです。


ちょうど稲刈りシーズンでしたね。一日早ければ、稲のある状態で見ることができたようです。


ボランティアの方々が協力して稲刈りしてました。これだけの人がいれば稲刈りもさぞかし早く済んでしまうことでしょう。自分も体験でやったことがありますが、相当大変です。


付近の大渋滞はこれのせいでした。こんな田んぼの真ん中で結婚式をやっておりました。


窓岩ポケットパークです。天然記念物「窓岩」の前に作られた簡易休憩スペースのようなところです。
駐車場・トイレ・ベンチが用意されて、町内の宿泊施設や観光名所の地図もあり確認に便利だと思います。


天然記念物「窓岩」です。
岩の中央に窓のように空間が開いていることから銘々されたようです。
見ているといつ崩れるのかと心配になってしまいます。


「道の駅」すず塩田村です。日本で唯一、珠洲市の仁江海岸で受け継がれてきた「揚げ浜式」の塩づくりを今に伝える道の駅と紹介されてましあ。


道の駅外観です。塩の資料館「揚浜館」などが入っております。館内は客が自分一人だけだったので、ちょっといずらかったので、すぐさまでてしまいました。


御覧の通り駐車場はガラガラでした。やはり天気がよくないので、一般に観光される方はここまで足を延ばさないようでした。


海岸沿いを走っていると見つけた「ゴジラ岩」の看板!
能登にもゴジラ岩があるんだと思い行ってみることに!


赤神海岸にある高さ4mの岩で、その名の通りゴジラが火を噴いて歩いているように見えました。


赤神海岸は岩がゴツゴツとした海岸で釣り人が多くいました。


木ノ浦海中公園です。木ノ浦オートキャンプ場 、国民宿舎などが付近にあります。


公園内の芝生がとても気持ち良さそうです。大きくキャンプ禁止と書かれてます。


小さな砂浜が広がる海岸です。静かな波がとてもいい感じでした。透明度が高く、スキューバーダイビングの名所と書いてありましたが、それほど透明度が高くはありませんでした。


能登半島最先端に位置する「禄剛崎(ろくごうざき)灯台」です。能登を周るんだったら外せない場所です。
県道沿いに駐車場があり、バイクは100円で駐車できます。


バイクを止めてカッパのまま歩いていことをすると、灯台まで20分くらい歩くよ〜。との係員の方が教えてくれました。
灯台までの遊歩道は写真のようにきっちりと整備されております。


お目当ての禄剛崎灯台です。真白でオシャレな感じのする灯台でした。


付近にあった看板です。イギリス人技師設計で、フランス製不動レンズを使用したドーム型灯台。明暗光を電気の点滅によらず、遮蔽板回転で行う方式は全国唯一のものだそうです。


能登半島最北端と書いてます。あ〜。最果てに「来た〜」って感じですね。天気が良ければ尚うれしさ100倍だったのですが・・。


レンガの上の看板みえますでしょうか?釜山まで783km、上海まで1598kmと書いてあります。釜山は、東京〜札幌くらいまででしょか?意外と遠いもんですね。


投稿日
2008/10/02
閲覧者数
929
このツーレポは3人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット

前のツーリングレポート
能登・関西ツーリング7
次のツーリングレポート
能登・関西ツーリング9

[戻る]