能登・関西ツーリング(おしまい)

日時
2008/9/19〜2008/9/24
ライダー
okaidoku1930

新和田トンネル有料道路です。和田峠を貫く国道142号上の有料道路です。通行料金は、500円です。新和田トンネルを越えたらビーナスラインだと勘違いしており、通ってから気付きました。


結局有料道路を使用した意味がなく、峠道を登ってビーナスライン上にある和田峠まできました。


和田峠は、見晴らしはまったくなく、交差点があるだけです。交差点は信号がありませんので、ビーナスラインに入る際は、十分に注意が必要です。(かなりスピード出している車が多数)


ビーナスラインは、長野県茅野市本町西の国道299号・国道152号と上田市武石上本入の美ヶ原高原美術館を連絡する観光道路です。


関東近郊の人にはとても人気の高い道路で、連休などは、ツーリンググループがとってもおおくなる道路です。全線2車線で道幅も広めにとってあります。


長野県ビーナスラインにある三峰展望台です。抜群の景色が堪能出来るポイントです。


ビューレスト三峰という売店が展望台にはあります。ソフトクリームが人気だそうです。


駐車場からの風景です。180度の展望が楽しめます。


売店の裏手にある展望台からの撮影です。


展望台から向きを変えて撮影です。山深い感じがとてもきれいで、紅葉の時期などは、最高の場所だと思います。


和田宿の脇本陣です。写真を撮った後に中に入ろうとしたらもう閉館だからと言われ中を見学することが出来ませんでした。


上町の高札場跡です。幕府の高札を掲示した場所だそうで、石組みでできた土台が残っているのみです。


和田宿の町並みです。古い民家はあまりなく現在は、宿泊施設も脇本陣の前に一軒あるのみとなってしまったようです。


佐久高原コスモス街道です。国道254沿いの佐久高原あたりにコスモスが並んで咲いておりました。


国道254号(内山峡)の街道9kmとコスモス広場において、「佐久高原コスモスまつり」が開催されておりました。すでに夕日が沈みそうな時間帯なので、まつりは撤収作業の真っただ中でした。


街道沿いのコスモスは満開でした。何度も通っている道でしたが、コスモス街道と呼ばれていることすら知りませんでした。
信州へ訪れるのも夏か、紅葉の時期ばかりだったので、時期をずらすとまた新しい発見があるものですね。


コスモスに囲まれ中が夕日が沈んで行くのを見学しました。このコスモス街道は、地元の老人クラブの方が苗を植え、 毎年花を咲かせ続けたのが始まりのようです。
地元の方々に感謝いたします。


道の駅「ほっとぱ〜く・浅科 」です。信州から、群馬方面に抜けるのにちょうどいい具合に休憩したいと思う場所にあることから、国道142号を通る際は利用することが多い道の駅です。


付近のマップ看板です。


道の駅は円形になっており中心部分は、芝になっております。物産店、レストランなどが施設内にはあります。
また、24時間利用出来る無料休憩所も完備されております。


浅間山、荒船連山が眺望できる道の駅と紹介されております。浅間山は雲が掛ってしまうことが多いのえ、このようにはっきりと見えるときは、ラッキーだと思った方がいいですよ〜!

これにて今回のツーリングは終了です。
当初の予定から大分変更となりましたが、充実したツーリングが行われたと思います。
走行距離:1208.1km
使用金額:88‚261円
最後までお読みいただいた方ありがとうございます。


投稿日
2008/10/22
閲覧者数
1457
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット

前のツーリングレポート
能登・関西ツーリング22
次のツーリングレポート
紀伊半島ツーリング1 

[戻る]