栃木温泉ツーリング-2

日時
2008/11/30
ライダー
okaidoku1930

湯ノ湖(ゆのこ)です。栃木県日光市の西部にある湖で、北東にある三岳火山の噴火によってつくられた湖だそうです。


周辺の案内板です。


この景色を見て普通のバイクで来たんだろうな〜なんてイメージ出来ないと思いますが、来ちゃいまいました。
湖付近は雪が積もってました。


夏の時期には釣り客が多く集まる湯ノ湖ですが、今の時期は閑散としてます。


新緑豊かな時とは違った顔をした湖もまたいいもんです。


今日最初の温泉の日光湯元温泉の湯の家 です。


日帰り入浴600円です。温泉の場合、外に値段表記されていないことが多いのでちゃんと書いてくれていれば安心して入れますね。


日光湯元温泉の入り口を入って最初に見える建物が湯の家になります。


ホテルの受付でお金を払い1F奥に温泉があります。
脱衣所に貴重品をいれるところがないので、気を付けましょう。


温泉入り口です。
シャンプー、ボディーソープはついてました。
源泉はちょっと温めな感じです。かなり建物が老朽化している感じがしましたが、温泉自体は非常によかったでうs。


戦場ヶ原です。日光国立公園内にある湿原です。


アカギの神(赤城山)とニッコウの神(二荒山(男体山))がそれぞれ戦った戦場という伝説がある場所です。男体山がきれいに見えます。


夏場はきれいな湿原が見れますが、今の時期は雪に包まれてしまっております。


駐車場にはお土産屋さんが充実してました。
休憩がてらに寄ってみるのもいいと思います。


華厳滝、裏見滝とならんで日光三名瀑に数えられる霧降滝です。裏見滝も行こうとしたのですが、途中から雪で通ることができませんでした。


こちらが滝の入り口です。この付近になると雪が無くなってきました。


滝展望台です。駐車場から徒歩数分で行くことが出来ます。


落差75メートル。途中、岩に当たって霧のような飛沫になることから、霧降滝と呼ばれているそうです。


展望台から滝とは逆側です。なかなかきれいな山々でした。


日光表連山の東端・赤薙山-あかなぎさん-(標高2010メートル)の南東斜面に広がる1000メートルを超える高原地帯が、狭 い意味での霧降高原-きりふりこうげんと言われております。
こちら方面に来たことがなかったので行ってみることに!


この時期は1000mを越えると雪があるようでした。


霧降高原有料道路だったところです。2006年9月26日より無料化されました。


霧降の滝付近から日光市瀬尾大笹原の大笹牧場付近までを結ぶのを霧降高原道路と呼ぶそうです。


頂上付近にあった展望台から撮影です。空気が澄んでいて非常に展望がよかったです。


ここの展望台より先に進んだ瞬間に北側斜面になっており凍結していた為大転倒してしますことに・・・。
正直雪山なめてました・・・。結局来た道引き返すことに。
バイクも足がすべって一人では起こすことも出来ませんでした。


投稿日
2009/01/09
閲覧者数
1235
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット

前のツーリングレポート
栃木温泉ツーリング-1
次のツーリングレポート
栃木温泉ツーリング-3

[戻る]